結婚とお金 >> 結婚式とお金 >>

結婚費用 見積りの考え方

結婚式をするためには一般的に数百万円のお金がかかります。

結婚式(挙式・披露宴)費用の相場はこちら

その費用は、基本的に結婚する二人で払うのが一般的。
しかし、結婚式にはご祝儀など、入ってくるお金もありますから、現実的には全額自腹ということにはなりません。
その辺の考え方を整理してみましょう。

まず、結婚式に使えるお金はこうなります。

結婚式に使えるお金 = 二人の貯金 + 入ってくるお金


二人の貯金は、結婚式を計画する段階でお互いにオープンにして話し合うことが大切です。
下手に隠したりすると、新婚生活のスタートからつまずく原因になりますよ。

この段階で、貯金額が結婚式の目標額に足りないと想定される場合は、結婚式までに貯金する努力が必要だと思います。
経験者の声を聞くと、結婚式までに100万円〜200万円貯めたというカップルも多いようです。

その人たちの意見を参考にすると、例えば、結婚式前に同居して、一方の給料を丸々貯金に回したというカップルも。
まだ子供もない段階なら工夫次第ですね。

次に、入ってくるお金です。
基本的にご祝儀ということになります。
ここで計算違いをしたり、結婚式費用のギリギリで計算してしまうと、とんでもないことになりますので余裕をもった見積りが必要です。

「結婚でご祝儀などで入ってくるお金」はこちら


この他に、親の援助というのも現実的には多いです。
ゼクシィのアンケートによると、金額の大小は別にして約7割のカップルが何らかの援助をしてもらっているという結果に。

親からの援助の形態も、ご祝儀として贈られるケースが多いですが、中には借金という形で、後でご祝儀で返済するというパターンもあります。

いずれにしても、結婚が決まった段階で相談しておくべきでしょう。

結婚とお金 >> 結婚式とお金 >>