結婚とお金 >> 結婚式(挙式・披露宴)費用の相場 >>

披露宴の飲食代の相場

お呼ばれされるゲストの皆さんの楽しみは食事です。
おもてなしの意味でも、できるだけ満足できる料理を提供し、喜んで帰って頂きたいところです。

■料理代  一人平均1万4千円

料理のプランも会場によって、幾つかのパターンが用意されています。
例えば、決められたプランにオプションで1品追加するなどの対応もできます。

■子供用の料理  一人平均4300円

子供には子供が喜ぶメニューを用意します。
子供と言っても、乳児、幼児、小学生、中学生などで分かれますが、中学生以上は大人メニューでも問題ないでしょう。

■新郎新婦用の軽食  2000円〜5000円

披露宴の最中は、主役である新郎新婦は挨拶やお色直しなど動き回っているので、まともに食事をする暇がありません。
お色直しの際に会場から下がった時などに簡単に食べられる軽食を準備しておくようにします。

■飲み物代  一人平均3300円

飲み物代の計算は会場によって異なります。
決められたメニューの範囲内で飲み放題の場合や、目安となる量を準備するパターンなど。
平均すると一人3千円程度の計算になるのが相場のようです。

■ウエルカムドリンク  一人平均950円

控室に待機中のゲストにウエルカムドリンクを提供すると喜ばれます。
金額的には一人500円〜1500円程度の範囲内で、追加料金となります。

■乾杯用ドリンク  一人500円〜1000円

何で乾杯するかによりますが、例えばシャンパンなどで、それが飲み物代に含まれない物である場合は追加料金として発生します。
お酒の種類などによって料金が変わります。

■樽酒  一つ3万円〜6万円

鏡開きをする場合は樽酒の費用が発生します。
鏡開き後は升に入れて皆さんに振る舞うのが普通ですが、その際の升代も別途かかる場合もありますので確認が必要です。

■当日の飲み物代の追加料金  平均3万円

決められたメニュー以外の飲み物をゲストが注文してしまえば、別途飲み物代が請求されることになります。
決められたメニューの範囲内で飲んでもらえればいいのですが、ゲストが分からないで頼んでしまうことも少なくありません。
めでたい席ですし、ゲストに請求する訳にもいきませんので、頭に入れておく必要があるでしょう。

結婚とお金 >> 結婚式(挙式・披露宴)費用の相場 >>