結婚とお金 >> 結納費用の相場 >>

結納にかかる費用の相場

「結納」とは、一言で言えば「婚約の儀式」。
両家が顔を合わせて、結婚の約束を行う儀式のことです。
最近は簡略化された結納なども増えてきていますが、正式な結納を行う場合の費用についてご紹介します。

■ホテルや結婚式場の結納プラン  平均6万5千円

結婚式を取り扱っているホテルや結婚式場では、会場費や結納品、進行、食事代などがセットになった結納プランを取り扱っているところがあります。
プロが全て取り仕切ってくれますので、一番楽だし間違いはないでしょう。

■結納品  2万円〜5万円

結納品の数や品物については、地域差があるようです。
3品、5品、7品、9品など。
ホテルや結婚式場、デパートなどで購入することができます。

■結納品の受書  5千円〜1万5千円

「受書」とは、簡単に言えば結納品の領収書みたいなもの。
なので「受書」は受け取る側で準備する物です。
場合により家族書・親族書の用意をするので、親や結納会場などに有無の確認をするとよいでしょう。

■結納金  平均84万円

結納金は地域差や、やり方によって50万円や100万円など金額が大きく分かれます。
結納返しの有無など両家で相談し決めることが多いようです。
結納金は向かい入れる側で用意することになります。
もし女性側で男性をお婿さんとして向かい入れる場合は、女性側で準備することになります。

■結納返し  平均35万円

結納返しは一般的に「半返し」と言われます。
結納金が100万円なら50万円をお返しすると言うのが一般的です。
ですが一般論なので、地域差や「気持ちだけでも」という場合もあり、必ずしも半返しという決まりはありません。
お互いの相談で決めるのが一番いいようです。

■婚約指輪  平均37万円

婚約指輪は結納の際に渡すのが一般的です。
金額はダイヤの大きさやクオリティで変わります。
もしオーダーする場合などは、出来上がるまでに時間がかかることが多いので、
結納の時期を計算して注文する必要があるでしょう。

■婚約記念品  平均27万円

婚約記念品は結婚指輪のお返しに当たるもので、これも半返しが目安となっています。
品物に特に決まりはありませんが、定番はスーツや腕時計、最近は新生活で必要になる電化製品などが増えているようです。
記念品は結納会場で渡しますが、会場に持ち込めないような大きな物は目録で渡すのが一般的です。

■結納の食事代  一人平均8800円

結納の際には会食し懇談するのが一般的です。
ホテルや式場の場合もありますが、料亭などで行う場合もあります。
費用の負担は結納金をもらう女性側で負担するのが一般的ですが、親の意向や地域の慣習によっても異なります。

結婚とお金 >> 結納費用の相場 >>